愛知県の「あいちデジタルアイランドプロジェクト」に参画します!

愛知県の「あいちデジタルアイランドプロジェクト ※1」に採択され、2023年2月(予定)に遠隔存在伝送ロボット(以下「アバターロボット」という。)newme(ニューミー)を活用した実証実験を行います。
皆様にもご体験いただける実証実験もございますので、改めて案内いたします。

※1 あいちデジタルアイランドプロジェクトについて
愛知県が、中部国際空港島及び周辺地域を、5G等デジタル技術を活用した革新的事業・サービスのオープンイノベーションフィールドに位置付け、2030年に導入が見込まれる近未来の事業・サービスを、2025年度を目途に実装することを目指し、本年度立ち上げました。
プロジェクトの一環として、当該エリア内の魅力向上につながる5G等デジタル技術の社会実装を目的とした支援事業(当事業含む、全3事業)及び当該エリアを活用した民間企業による5G等デジタル技術の実証実験の支援事業(1事業)を実施します。

愛知県のリリースは
こちら

本プロジェクトで、アバターロボットを活用し、3つのユースケースを実証します。

愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)
newmeを活用して、遠隔地から展示会に参加しよう!
ユースケース:展示会参加
実証テーマ:遠隔地からの参加が容易な新しい展示会
内容・特徴
・5G環境下における、アバターロボットを介した遠隔地からの展示会参加(日本初)
・5G環境下において、同時多数接続性を活かし、複数台のロボットを展示会場で稼働(日本初)
Coming Soon

 

中部国際空港(フライト・オブ・ドリームズ)
newmeを活用して、臨場感のある授業を体験しよう!
ユースケース:社会見学
実証テーマ:新しい教育につながる臨場感のある授業体験
内容・特徴
・学生を対象に、アバターロボットを用いて現地とのリアルタイムの講義や解説を実施
・講師陣とコミュニケーションを取りながら、航空機及び展示パネル等を見学

 

イオンモール常滑
newmeを活用して、まるで現地にいるかのような次世代の買い物体験をしよう!
ユースケース:ショッピング
実証テーマ:あたかも現地にいるかのような次世代の買い物体験
内容・特徴
・自宅等からアバターロボットを操作し、モール内の買い物を体験
・実装に向けたビジネスモデル検討のため、店内における移動性や実用性(商品の色・柄・質感などの見え方等)を検証

随時、こちらのページでも情報を発信いたしますので、どうぞご期待ください。

一覧へ戻る